従来点検フローとの違い

従来の「銘板&目視」による点検と、「インメタルタグ」による点検の比較例です。

点検前-現場点検-点検後事務処理にかかる時間の比較(例)

flow

金属製設備機器の点検では、下記のような問題が多く見られます。

  • バーコード管理を導入したが、油の汚れやラベルの剥がれによりデータの読取りが困難になる
  • 設備の特定は点検者が目視や図面で確認するので、ヒューマンエラーが発生しやすい
  • 図面のコピーなど事前準備に時間が取られ、時間と紙資源を浪費している
  • 点検項目の漏れや抜けがあったり、作業者の経験や力量によって結果が異なってしまう
  • 現場での手書きメモや写真を帰社後に整理・入力しており、入力ミスやムダな時間が発生する

インメタルタグの設備管理ソリューション導入で、「情報の見える化」「確実でミスのない定期点検」「維持管理情報のデータベース化」まで全てがシームレスにつながり、設備機器の予防保全と超寿命化が可能になります。